マスターフォッシル Tel:045-479-2751 受付:平日 PM12:00~18:00
新規会員登録カートを見る(0点)マイページログインヘルプ
 
home > 新入荷情報
2014.02.21  モロッコ産三葉虫キンガスピス、トップグレード!!
2014.02.21  アンモライト各種セクション
2014.02.21  NEWアンモライト完全体コスタータム
2014.02.21  アンモライト・タイニーチップST-A+グレード
2014.02.21  T.rexトゥース2013年発掘品・大型!!
2014.02.21  T.rex BABYトゥース! 超稀少!!
2014.02.21  トリケラトプス・オリジナルダブルホーン! ワールドクラス!!
2014.02.21  エドモントサウルス、皮膚化石・各サイズ有り! 2013年発掘!!
2014.02.21  超稀少!! ガストニア・サイドスパイク
2014.02.21  トリケラトプス・ハンドボーン
2014.02.21  エドモントサウルス極美・上腕骨
2014.02.21  トロオドン・トゥース
2014.02.21  パキケファロサウルス大腿骨
2014.02.21  モササウルス・ジョーセクション
2014.02.21  カルカロドントサウルス・巨大歯根付きトゥース!!
2014.02.21  カルカロドントサウルス・巨大フットクロウ!!
2014.02.21  スピノサウルス・各部位骨化石
2014.02.21  2014年NEWアリゾナ・レインボーウッド!!
2014.02.21  巨大アリゾナ・レインボーウッド HUGE!!
2014.02.21  新種モササウルス全身骨格! ワールドクラス!!
2014.02.21  サウスダコタ3Dプレップ異常巻アンモナイト
2014.02.21  サウスダコタ産各種アンモナイト2013年発掘品!!
2014.02.21  マダガスカル・ノーチラス『コレクショングレードM-XL』
2014.02.21  6インチオーバー! CGメガロドン・トゥース!!
2014.02.21  アルバートサウルス各部位骨化石! 超稀少標本!!
2014.02.21  2013年発掘NY産ウミサソリ各サイズ
2014.02.21  2013年新種未登録! 超稀少三葉虫!! 1体のみ入荷!!
2014.02.21  ロシア産カンブリア紀三葉虫各種入荷!!
2014.02.21  マンモスの牙・トップグレード!!
2014.02.21  3Dプレップ! ロシア産ボトゥリオレピス! ワールドクラス!!
349件中 1 ~ 40件   <<TOP  <前の40件   1  2  3  4  5  6  7  8    次の40件>   LAST>>

2016/02/20 コード:ALHeG-0002   商品名:アンモライト完全体“スーパークォリティ!!” [Placenticeras costatum]
このアンモライト完全体は、多彩色で完璧な状態を誇る最高峰の一級品です。通常、480万円の価格を付けさせていただいておりましたが、トレード販売により原価を安く抑えられることができましたため、特別価格としてご案内させていただくこととなりました。このクラスの完全体がこの価格では絶対に入手できないかと思われます。これまで、弊社出展のミネラルショーや恐竜博にて展示をしてきました逸品です。現物をご覧いただいたお客様も大勢いらっしゃいます。その全員から感嘆のお言葉を戴きました。これまでの価格の半値ほどに設定させていただいた期間限定の特別価格です。是非、この機会をお見逃しなく!!
2016/02/20 コード:ALSmG-0002   商品名:アンモライト・コレクションピースM“美麗レッド&レインボー!!” [Placenticeras sp.]
大変美しく濃い発色のレッドと、一部にブルー、グリーン、レッドの三色レインボーが連なるコレクションピースです。三色レインボーのルースはAAクラスのランクを持ち高額にて取引されています。そのクォリティ部分を持ったコレクションピースです。大変お薦めいたします!!
2016/02/20 コード:ALSmG-0003   商品名:アンモライト・コレクションピースM“多彩色!!” [Placenticeras sp.]
厳選されたクォリティの高いコレクションピースをご案内させていただいております。このピースは波打つアンモライト層を持つ美しい逸品で、輝きの配色はブルー、グリーン、イエロー、レッドと様々な色合いが混ざり込んでいます。光を受けて発色しやすく、様々な色合いに煌めく姿も印象的です。
2016/02/20 コード:ALSmG-0005   商品名:アンモライト・コレクションピースM“ジェム用! 厚いアンモライト層!!” [Placenticeras sp.]
鮮やかな配色を持ったコレクションピースです。画像からも分かります通り、厚いアンモライト層が重なる一級品です。厚いアンモライト層は高級なジェムストーンを磨きだす際に最適とされています。それは各色の断層を斜めに磨くことにより幾色ものレインボー面を作り出すことが出来るからです。また、セクションとしても強い発色を持ち、このようなピースはなかなか見つかりません。是非、お薦めしたい逸品です。
2016/02/20 コード:ALSmG-0006   商品名:アンモライト・コレクションピースM“美麗ブルー・ダブル!!” [Placenticeras sp.]
美しいブルーメインのコレクションピースです。表裏ともにアンモライト層が存在するダブルピースです。アンモライト層の中で稀少色とされるブルーですが、弊社鉱山からは特に良質のブルー層が発掘されています。ブルーの層はディープブルーの場合、強い輝きを見せませんが、このようなグリーン系の混ざるブルーは光を受けやすく、とても良い輝きを見せてくれます。
2016/02/20 コード:TRMoG-0007   商品名:NEWケトネラスピスSP. “大型フリルのレア種” [Kettneraspis sp.]
両頬棘に太く大きなスパイク状のトゲの配列を持つ、珍しいタイプのケトネラスピスです。通常、この部分はフリルと呼ばれ、小さな楕円状のものが並びますが、完全にこの標本では、スパイク状となっています。また、かなり後方までそれが連なっています。標本は、残念なことに右複眼の欠損と、やや体節が離れてしまっていね箇所がありますが、本種の珍しさからすれば、一つのタイプ・コレクションとして十分な保存状態かと思われます。大変お薦めできる逸品です。
2015/04/30 コード:TRUsF-0001   商品名:新種! ネバダ州産 全長20センチの巨大リカス!! 世界で3匹のみ発見!!“NEW!! Family Lichidae” [Family Lichidae]
2014年にアメリカ・ネバダ州で3個体のみ発見された、貴重な新種の三葉虫です。この三葉虫はデボン紀前期に生息していたリカスの仲間で、この個体は発見された中でも特に巨大で全長20センチもあります。この三葉虫が発見された際、アメリカにある有名博物館の研究員たちが大勢集まりました。それほど貴重で、素晴らしい発見といえる標本です。
2015/04/30 コード:TRUsF-0002   商品名:ロードニア・ビスピナタ [Laudonia bispinata]
カンブリア紀に生息した貴重な三葉虫です。この三葉虫の存在は、これまで部分パーツの発見で知られていましたが、2014年に初めて完全体が発掘されました。その後、合計で5個体が発見され、この標本はその中の一つとなります。本種は、大変異形な姿をしていて、大きく扁平な頭部の周囲に鋭い棘が存在し、標本ではそれが立体的にプレップされています。大きさも大きく迫力があり、素晴らしいの一言です。
2015/04/22 コード:ALSsF-0006   商品名:アンモライト・コレクションピースS“多彩色!!” [Placenticeras sp.]
オレンジにブルー、水色などの層が多彩に貼り付けられたようなコレクションピースです。このセクションは光の受け方によって変色するタイプよりは別の色の層が個々に存在しあうタイプと言えるピースで、各々の厚みなどもしっかりしています。
2015/04/22 コード:ALSmF-0001   商品名:アンモライト・コレクションピースM“凹凸タイプの美麗ピース” [Placenticeras sp.]
トップに赤、そしてブルー、水色、グリーンとレインボーカラーのグラデーションを持つ美しいセクションです。このセクションは凹凸を持つことから光の受け方により独特の雰囲気が楽しめます。
2015/04/22 コード:ALSmF-0006   商品名:アンモライト・コレクションピースM“ダブル!!” [Placenticeras sp.]
ブルーグリーン系の美しいアンモライトです。これらブルーグリーン系統のものは様々なタイプの輝き方の種類がありますが、こちらはメタリックな輝きを持ち、放射模様も見られるタイプとなります。光を当てると特にその良さが引き立ちますので、是非、光源の良いところでディスプレイしてあげてください。ダブルですので、両面輝きの美しさを味わえます。
2015/04/20 コード:ALRcF-0014   商品名:アンモライト・ナチュラルストーン [コレクショングレード] [Placenticeras sp.]
細かく縦ひび模様の変わったルースで、そのひび模様に沿って細く繊細なブルーの輝きも見て取れます。全体的にはグリーンにオレンジが広がり、そこへブルーが入るという感じです。大変美麗でおすすめのルースです。
2015/04/20 コード:AMFeF-0001   商品名:ファイアーアンモナイトM “CG! 54.6mm!!”
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0002   商品名:ファイアーアンモナイトM “CG! 56.3mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0003   商品名:ファイアーアンモナイトM “CG! 62.5mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0004   商品名:ファイアーアンモナイトM “CG! 62.4mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0005   商品名:ファイアーアンモナイトM “CG! 61.3mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0006   商品名:ファイアーアンモナイトM “CG! 72.9mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0007   商品名:ファイアーアンモナイトM “CG! 76.7mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0008   商品名:ファイアーアンモナイトL “CG! 99.2mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0009   商品名:ファイアーアンモナイトL “CG! 96.5mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0010   商品名:ファイアーアンモナイトL “CG! 100.7mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0011   商品名:ファイアーアンモナイトL “CG! 108.8mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/04/20 コード:AMFeF-0012   商品名:ファイアーアンモナイトL “CG! 143.8mm!!” [Cleoniceras sp.]
赤く炎の様に輝くファイアーアンモナイトです。現地で発掘された中からクォリティの高いもののみを厳選し、限られたトップの職人達によって美しく磨かれました。ここにご紹介するFアンモナイトは、アンモナイトの中心部や殻部分等も綺麗に残ったコレクショングレード(CG:上級のコレクションに相応しいもの)、及びエクセレントクォリティ(EXQ:更にその上のトップを誇るもの)となります。このファイアーアンモナイトの写真撮影は非常に難しく、主観ですが、実物は写真よりも数段美しいと思えます。
2015/03/20 コード:DSHsF-0004   商品名:エドモントサウルス・顎骨セクション&デンテルバッテリー [“Hadrosaur Jow Section” Edomontsaurus annectens]
エドモントサウルスの顎骨とデンタルバッテリーです。こちらの標本では、顎骨が縦に割れたため、内部の歯が縦位置で配列されていた部分が見られます。このような標本は偶然にしても稀で、面白いかと思います。今回、サイトにアップしました他の顎骨セクションは、どれも同じ場所から発見されたため、それらのセクションは同一個体のものの可能性も高いです。
2015/03/20 コード:ALRcF-0001   商品名:アンモライト・ナチュラルストーン [コレクショングレード] [Placenticeras sp.]
大変透明度が高く、濃いレッドの底面にグリーンの弧が存在する、美しいナチュラルストーンです。角度と光により、赤い層の上にイエローの斜線が入ります。まるで赤をバックにした森に差し込む無数の日の光の様です。大変素晴らしくグレードの高い逸品です。
2015/03/20 コード:ALRcF-0005   商品名:アンモライト・ナチュラルストーン [コレクショングレード] [Placenticeras sp.]
まるで炎の様な凄まじいレッドとオレンジ、そして揺らめくイエローの輝きを持ち合わせた力強いナチュラルストーンです。その存在感とインパクトが大変素晴らしいルースです。実は“赤”のルースは以外にも人気が高く、良い発色のものは深層部のアンモライトでもあまり多く存在しません。特に一色のベタではなく、このような炎の趣を持つものは大変輝き方が強くなるため稀少とされています。コレクションの中に一つあるだけで、非常に目立つ存在になるかと思われます。
2014/09/19 コード:DSHsE-0019   商品名:エドモントサウルスの足の骨“壮観! 重厚感あふれる逸品!!” [Edomontsaurus sp.]
これぞ恐竜の化石である、と思わせる、大きな骨の一部が化石化したものです。15センチ近い長さと、厚みも7cmを計測し、かなりの重量を誇ります。とはいえ決して大きすぎるというほどでもなく、棚や卓上などに飾るに際し、場所を選びません。スタンドで立ててのディスプレイもお勧めです。2014年夏に発掘されたばかりのフレッシュな標本です。ハドロサウルスやトリケラトプスは個体自体が大きいため、発掘される骨の化石もバラバラになったものが大半を占めます。このサイズで綺麗に残されているものは貴重です。
2014/09/19 コード:DSDeE-0007   商品名:サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 57.9mm” [Saltasaurus sp. "Egg shell"]
背に甲羅のような硬い部分を備えていたかみなり竜・サルタサウルスの、卵の殻の一部です。サルタサウルスは巨大な営巣地に集団で卵を産んでいたことが明らかになっており、この卵の殻もその存在を証明しています。2cm前後の小片は無数に見られますが、これくらいのサイズで保存されているものは少なく、貴重です。サルタサウルスは近年人気が急上昇中のカルノタウルスとちょうど同じ時代を生きた恐竜としても著名で、人気があります。
2014/09/19 コード:DSDeE-0008   商品名:サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 62.6mm” [Saltasaurus sp. "Egg shell"]
背に甲羅のような硬い部分を備えていたかみなり竜・サルタサウルスの、卵の殻の一部です。サルタサウルスは巨大な営巣地に集団で卵を産んでいたことが明らかになっており、この卵の殻もその存在を証明しています。2cm前後の小片は無数に見られますが、これくらいのサイズで保存されているものは少なく、貴重です。サルタサウルスは近年人気が急上昇中のカルノタウルスとちょうど同じ時代を生きた恐竜としても著名で、人気があります。
2014/09/19 コード:DSDeE-0009   商品名:サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 58.3mm” [Saltasaurus sp. "Egg shell"]
背に甲羅のような硬い部分を備えていたかみなり竜・サルタサウルスの、卵の殻の一部です。サルタサウルスは巨大な営巣地に集団で卵を産んでいたことが明らかになっており、この卵の殻もその存在を証明しています。2cm前後の小片は無数に見られますが、これくらいのサイズで保存されているものは少なく、貴重です。サルタサウルスは近年人気が急上昇中のカルノタウルスとちょうど同じ時代を生きた恐竜としても著名で、人気があります。
2014/09/19 コード:DSDeE-0010   商品名:サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 45.6mm” [Saltasaurus sp. "Egg shell"]
背に甲羅のような硬い部分を備えていたかみなり竜・サルタサウルスの、卵の殻の一部です。サルタサウルスは巨大な営巣地に集団で卵を産んでいたことが明らかになっており、この卵の殻もその存在を証明しています。2cm前後の小片は無数に見られますが、これくらいのサイズで保存されているものは少なく、貴重です。サルタサウルスは近年人気が急上昇中のカルノタウルスとちょうど同じ時代を生きた恐竜としても著名で、人気があります。
2014/09/19 コード:DSDeE-0012   商品名:サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 41.2mm” [Saltasaurus sp. "Egg shell"]
背に甲羅のような硬い部分を備えていたかみなり竜・サルタサウルスの、卵の殻の一部です。サルタサウルスは巨大な営巣地に集団で卵を産んでいたことが明らかになっており、この卵の殻もその存在を証明しています。2cm前後の小片は無数に見られますが、これくらいのサイズで保存されているものは少なく、貴重です。サルタサウルスは近年人気が急上昇中のカルノタウルスとちょうど同じ時代を生きた恐竜としても著名で、人気があります。
2014/09/19 コード:DSDeE-0013   商品名:サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 45.9mm” [Saltasaurus sp. "Egg shell"]
背に甲羅のような硬い部分を備えていたかみなり竜・サルタサウルスの、卵の殻の一部です。サルタサウルスは巨大な営巣地に集団で卵を産んでいたことが明らかになっており、この卵の殻もその存在を証明しています。2cm前後の小片は無数に見られますが、これくらいのサイズで保存されているものは少なく、貴重です。サルタサウルスは近年人気が急上昇中のカルノタウルスとちょうど同じ時代を生きた恐竜としても著名で、人気があります。
2014/09/19 コード:AMMiE-0008   商品名:イリデッセンス・ホワイトブルーSS“34.7mm” [Aioloceras sp.]
銀色の殻表上に虹色の真珠光沢がきらめく、マダガスカル特有の「イリデッセンス(「虹色」の意)・ホワイトブルー」です。研磨等の処理を施したものではなく、産出したままのナチュラルな状態の標本となっています。表裏とも、その保存状態は申し分がありません。豪奢なファイアーに対し、気品あふれる姿が魅力です。
2014/09/19 コード:AMMiE-0009   商品名:イリデッセンス・ホワイトブルーSS“31.7mm” [Aioloceras sp.]
銀色の殻表上に虹色の真珠光沢がきらめく、マダガスカル特有の「イリデッセンス(「虹色」の意)・ホワイトブルー」です。研磨等の処理を施したものではなく、産出したままのナチュラルな状態の標本となっています。表裏とも、その保存状態は申し分がありません。豪奢なファイアーに対し、気品あふれる姿が魅力です。
2014/09/19 コード:AMMiE-0010   商品名:イリデッセンス・ホワイトブルーSS“30.9mm” [Beudanticeras sp.]
銀色の殻表上に虹色の真珠光沢がきらめく、マダガスカル特有の「イリデッセンス(「虹色」の意)・ホワイトブルー」です。研磨等の処理を施したものではなく、産出したままのナチュラルな状態の標本となっています。表裏とも、その保存状態は申し分がありません。豪奢なファイアーに対し、気品あふれる姿が魅力です。
2014/09/19 コード:AMMiE-0011   商品名:イリデッセンス・ホワイトブルーSS“32.2mm” [Desmoceras sp.]
銀色の殻表上に虹色の真珠光沢がきらめく、マダガスカル特有の「イリデッセンス(「虹色」の意)・ホワイトブルー」です。研磨等の処理を施したものではなく、産出したままのナチュラルな状態の標本となっています。表裏とも、その保存状態は申し分がありません。豪奢なファイアーに対し、気品あふれる姿が魅力です。
2014/09/19 コード:AMMiE-0012   商品名:イリデッセンス・ホワイトブルーSS“31.2mm” [Aioloceras sp.]
銀色の殻表上に虹色の真珠光沢がきらめく、マダガスカル特有の「イリデッセンス(「虹色」の意)・ホワイトブルー」です。研磨等の処理を施したものではなく、産出したままのナチュラルな状態の標本となっています。表裏とも、その保存状態は申し分がありません。豪奢なファイアーに対し、気品あふれる姿が魅力です。
2014/09/19 コード:AMMiE-0013   商品名:イリデッセンス・ホワイトブルーSS“32.4mm” [Cleoniceras sp.]
銀色の殻表上に虹色の真珠光沢がきらめく、マダガスカル特有の「イリデッセンス(「虹色」の意)・ホワイトブルー」です。研磨等の処理を施したものではなく、産出したままのナチュラルな状態の標本となっています。表裏とも、その保存状態は申し分がありません。豪奢なファイアーに対し、気品あふれる姿が魅力です。

349件中 1 ~ 40件   <<TOP  <前の40件   1  2  3  4  5  6  7  8    次の40件>   LAST>>