マスターフォッシル Tel:045-479-2751 受付:平日 PM12:00~18:00
新規会員登録カートを見る(0点)マイページログインヘルプ
 
home > 化石の価値・市場について
  • 化石の価値と市場について
  •  ここでは皆さまからご質問の多い、化石の価格相場や市場について、弊社の主観や市場に対して感じていること、そして前線で活躍する著名人や海外のパートナーたちの意見などを含め、まとめてみました。
  • 【化石の価値って、今後上がるの? 下がるの?】
  •  現状、8割以上は上がっている様に思えます。ここ数年、とにかく良質の化石標本の数が減少しています。その理由は、採掘場の閉鎖・保護、採掘者の減少、乱獲などが挙げられます。
  •  モロッコの事情などでは、これまで採掘されていた地域に軍事施設が建設されたり、若者たちが採掘などの重労働を嫌って街へ出る様になり、採掘者がいなくなるという現象が起きています。
  •  また、これまでの乱獲(取り尽くしてしまったという事)もあるようで、数年前までは大量に集める事ができたスピノサウルスやカルカロドントサウルスの歯なども今では特に激減している様です。少なくともクォリティの高い化石は、現地でも市場でもごく稀となってしまいました。
  •  こうした現象は他国でも起こっています。マダガスカルのアンモナイトなども取り尽くした感があり、最近では良質の個体があまり発掘されないとの事です。考えてみれば、化石は地層という限られたスペースの中から発掘される訳ですから、数に制限があることは当たり前の事なのです。
  • 【良質の化石の数が減ると、増えてくる模造品や修復品】
  •  良質の化石が減少する中で、現地の化石業者は何とかして化石を高く売りたいと考えます。そうすると良質の化石を高値で売った後、残ったグレードの低い化石を修復し、出来るだけ良く見せて売りに出すのです。修復作業は採掘労働と比べて楽ですから、若者たちも含め多くの労働者が集まります。中には細かな民芸品作りを得意とする者もいて、そこで生み出された修復標本は、時として本来の良質化石より綺麗に見えてしまうのです。それを「ん? この値段でこのクォリティなら」と、思わず手を出してしまう人が後を絶えません。
  •  このような「修復」は、「商業利用を目的とした加工修復であって、本来、正当に行われる化石の復元や原型維持のための「修復」とは意味も意義も異なる、まったくの別物です。ですから、彼らが業者に売る時も「その標本の修復率」の話などは、元々皆無なのです。それがそのまま市場に出回ってしまう訳です。
  • 【価値ある化石を入手するには・・・】
  •  価値観は個人によって異なります。価値ある化石とは、決して珍しく質の高いものに限る訳ではありません。
  •  しかし、40%以上の修復化石を何も知らずに「不適正価格」で購入するような事は避けたいですし、そのような化石は色々な意味で価値の高い物とは言えないでしょう。
  •  では、どのようにすれば価値ある化石標本が入手できるのか?
    それはタイミングと運、そして見る目と正確な情報を得る事だと思います。販売する側は「レア種! 今後入手困難! でも本当は今はまだ結構あるみたいです。」などとは言いません。信頼ある入手元で信頼ある情報を得て下さい。
  •  そして、出来るだけ良質の標本を手に入れて下さい。修復率30%の化石を2つ手に入れるならば、修復率10%の化石を一つ手に入れる事の方をお勧め致します。
  •  さらに、採掘を禁止していた地域が突然開く事があります。この場合、ほとんどがすぐにまた閉じるケースが多いのですが、一時的に標本が安く出回ります。こうしたタイミングは絶好のチャンスです。出来れば良質なものを安く購入したいのは皆同じです。こうしたチャンスは見逃さない様にしましょう。
  •  また、極端に安い物には必ずその理由があるはずです。その理由が適切なものか確かめる癖をつけることも大切です。
  •  最後に補足させて頂きますが、「価値観」に関しましては人それぞれ異なるものです。このような文面を載せる事により、無意味に皆さまの購入意欲を煽ってしまっては良くありません。健全な趣味の世界を満喫するためにも、「価値が上がりそうだから」ではなく、第一に「好きだから」という理由で化石収集をお楽しみ下さい。
  •  また、「修復」についてですが、「修復」のある標本に価値が無いわけではありません。「修復」のある化石でも価値があり、価値の上がっている標本も多数あります。その辺りをご理解頂くとともに、価値の上昇におきましても、ここでは現状の動向について述べさせて頂いた次第であり、今後については定かではない事をご理解のほど宜しくお願い致します。