マスターフォッシル Tel:045-479-2751 受付:平日 PM12:00~18:00
新規会員登録カートを見る(0点)マイページログインヘルプ
 
home > 化石 > 恐竜 > 恐竜の卵 > サルタサウルスの卵 > DSDeE-0013 サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 45.9mm”
DSDeE-0013 サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 45.9mm”

DSDeE-0013_pic DSDeE-0013_pic
DSDeE-0013_pic DSDeE-0013_pic
DSDeE-0013_pic DSDeE-0013_pic

新入荷!
サルタサウルスの卵の殻 “白亜紀南米のかみなり竜! 45.9mm”   (Saltasaurus sp. "Egg shell")

コード: DSDeE-0013
時代: 白亜紀 後期
サイズ: 45.9 x 40 x 8.6 mm
母岩サイズ:
重量: 17.2g
産地: Rio Negro, Patagonia, Argentina
フォーメーション(累層): Allen Formation 
価格:  ¥1,800(税込\1,944)

コメント:
背に甲羅のような硬い部分を備えていたかみなり竜・サルタサウルスの、卵の殻の一部です。サルタサウルスは巨大な営巣地に集団で卵を産んでいたことが明らかになっており、この卵の殻もその存在を証明しています。2cm前後の小片は無数に見られますが、これくらいのサイズで保存されているものは少なく、貴重です。
 サルタサウルスは近年人気が急上昇中のカルノタウルスとちょうど同じ時代を生きた恐竜としても著名で、人気があります。
地質年代表